カウンター
[PR] 目の下たるみ あるふぁ めちる ふぇねちるあみん ソーシャルログの時代。 .aa{ font-family:"MS Pゴシック","MS PGothic","Mona","mona-gothic-jisx0208.1990-0",sans-serif; font-size:16px; line-height:18px; }
FC2ブログ
2018.11.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2019.01.
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ソーシャルログの時代。

―――ところでライフログの研究で残る問題とされていたのが、
個人を取り巻く状況をいくら完全に記録しても「そのときどう思っていたか」ということはわからないことだ。
その面では、いくら情報量を上げたとしても自らつづる日記やブログに劣る。

しかし、これについてツイッターが使えるのではないかと言う話が出てきた。
ブログや日記はその日のまとめということで整理されるので真に「その時、その場で思ったこと」ではない可能性がある。
それに対して、ツイッターでの「おなか減ったナウ」というようなつぶやきは「その時、その場」の「思い」のログになりうるわけだ。

ここまで引用

Twitterをコミュニティーツールとしてでは無く、
単純にライフログツールと考えれば、こんな面白い使い方があったのか。
Twitterに関しての意見は前にブログに書いたけど、
自分の感情の移り変わりを記録するってのはなかなか面白そうだ。
試しに丸一日つぶやいてみてログ収集してみようかな。
まぁ、ブログでやればいいじゃんって話になるけど、どうせそこまで継続させるつもりは無いからお試し程度にやってみようと思う。


( 2010.05.27 ) ( 雑記 ) ( COMMENT:0 ) ( TRACKBACK:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

トラックバック
トラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。